1. MetaStep TOP
  2. ビジネス活用を学ぶ
  3. 【インタビュー】NFTで日本のツーリズムをアップデート

コロナ禍だった2020年からの約3年間、国内外の旅行者が激減したことで、日本のツーリズム業界は大打撃を受けた。現在は円安も追い風にインバウンド需要が高まっているものの、外的要因に左右されやすいツーリズム業界は常にリスクを伴う。

NFTで日本のツーリズム産業をアップデートしたい。そんな思いで、業界を巻き込み活動するのが、日本NFTツーリズム協会で代表理事を務める岩下拓氏だ。

新型コロナウイルスのような外的要因への脆さ、DX推進の遅れ、人材不足など、多くの課題を持つ日本のツーリズム産業。ここにNFTがどう絡んでくるのか? 情報格差が生まれている地域にとっても経済活性化の切り札となるのか? 並々ならぬ思いが詰まった岩下氏への独占取材。その熱量を受け取ってほしい。(文=MetaStep編集部)

一般社団法人日本NFTツーリズム協会 代表理事 岩下 拓 

中国西北大学卒業。上海、東京での広告会社等勤務を経て、 株式会社JTBに入社。 「トップセールス賞」「サービスイノベーション賞」等を受賞。 JTB退職後、約4か月の全国視察を経て、今後ツーリズム業界、 観光地に最もメリットと変革をもたらすツールが 「NFT」や「Web3」との考えに至り、2022年4月に同協会を設立。現在、観光庁への政策提言や 「ツーリズム×NFT フォーラム」「Tourism NFT Awards」等の開催を行う。24年3月に「TEDx軽井沢」に登壇。  

会員登録されていない方は、下記よりご登録ください。
登録後、ログイン頂くとお読みいただけます。