1. MetaStep TOP
  2. ビジネス活用を学ぶ
  3. 【知っておくべきWeb3の本質】第3回 Web3時代、お金はどう変わっていくのか

2024.06.17

【知っておくべきWeb3の本質】第3回 Web3時代、お金はどう変わっていくのか

「知っておくべきWeb3の本質」の第3回、いよいよ本テーマの最終回です(未読の方は是非「知っておくべきWeb3の本質(第1回)~ビジネスにどんな影響を及ぼすのか」からご覧ください!)。

3回のテーマは「お金」です。気になりますねー!(笑) 経営資源の重要な一つである「お金」がWeb3時代にどのような影響を受けるのでしょうか。NTTデータの皆さま、今回もよろしくお願いいたします。

株式会社NTTデータ 金融イノベーション本部 ビジネスデザイン室
イノベーションリーダシップ統括部 統括部長

グリーン、量子コンピュータ、AI、RPA、データマネジメント、センシングファイナンス、メタバースなどの幅広いテクノロジー領域について各種コンサルティングや情報発信を実施、金融版NTT DATA Technology Foresightも責任者として推進。

山本写真

山本 英生

株式会社NTTデータ 金融イノベーション本部 ビジネスデザイン室
イノベーションリーダシップ統括部 課長

大規模金融システム開発、金融系コンサルタントを経て、現在は「テクノロジーは金融ビジネスを大きく変革させる」ということを主なテーマとし、金融ビジネスに影響を及ぼすテクノロジートレンドを、金融版NTT DATA Technology Foresightで調査・発信。

土田写真

土田 真子

株式会社NTTデータ 金融イノベーション本部 ビジネスデザイン室
イノベーションリーダシップ統括部 課長

入社以降、金融業界を中心とした数々の基幹系/情報系システムの開発にデータベースエンジニアとして従事。現在はWeb3やメタバースを含むテクノロジートレンドに係る情報発信や戦略検討、新規ビジネス発掘に取り組む。

相川写真 - コピー

相川 あずさ

はじめに

Web3のような分散型ネットワークが、お金の形にも影響を及ぼしつつあります。例えば、ブロックチェーン技術の登場で、中央管理者を介さなければできなかったお金のやり取りが当事者間で実施できるようになりました。

1でご説明したNFTDAO、暗号資産などがその例にあたります。このような仕組みを使うことで、従来の発行/事務コストを削減して、多数の個人から少額ずつ集めるモデルも可能になりました。

また、昨今のデジタル地域通貨のブームは、特定の地域内で流通させることにより、地域経済の活性化を目指すその姿勢と無関係ではありません。一方で、これらのやり取りは未だ投機的な要素も強く、「自己責任」の世界であることも第1回でご紹介したとおりです。

これまでWeb3の本質およびテクノロジーとビジネスへの影響を見てきましたが、最終回では、web3のようなテクノロジーの進化と対峙しての「お金の未来」と、そこに大きく関わる銀行の役割への影響を見ていきます。

会員登録されていない方は、下記よりご登録ください。
登録後、ログイン頂くとお読みいただけます。